Topics
Trending

情報が多くなるほど人間はバカになる

は、1900年代の始めから民主主義は「情報過多」によって終焉を迎えると主張、予言した識者はアドルノ、ベンヤミン、果てはハイデッカーまでほぼ同じ論点に至ります。ひと言で表せば「情報が多くなるほど人間はバカになる。よって民主主義は崩壊する。」

昨年からずっと同じ根拠で論証し、現実がそれを証明してきたので、2021年3月初旬に皆様が抱いている疑問的の帰結をアップしておきます、ね。

①コロナワクチンはどないです?:東アジア人(日本、中国、韓国、台湾)には必要ありません。現在、各社から作られるているコロナワクチンの原理は同じで、対コロナに劣性の遺伝子配列しか持たない人種に、優性な遺伝子配列をコピペするのが目的です。つまり我々、東アジア人の対コロナの遺伝子配列を真似して作った部分だけを体内に打ち込んでいるだけです。なので、元々、優性遺伝子配列を持っている我々にワクチンは必要はありません。

②なんで欧米では盛んにコロナワクチンを打っているのですか?:欧米人にとってコロナは脅威なので必死です。なのでダメもとでなんでもやります。研究者レベルでは、今回の壮大なる人体実験は将来の癌治療に有益なヒントを導ける、と思っています。関連技術でノーベル賞が5つぐらいこれから20年間で獲れると野心を燃やさない研究者は成功しません。

③では、日本でコロナワクチンを打つ基準は:既に「真実」が意味を成さない時代になっているので、トイレットペーパーの買いだめと同じです。誰かがレアものをゲットしてウキウキしていたら自分も欲しくなる。そういうムードで日本でのコロナワクチン接種は推移していきます。とても平和ですね。

④変異株はどうなるか?:去年の1月に「種の壁」はとても厚いに書いたとおり、コロナウイルスがどんなに変異しても所詮はコロナウイルスなので、東アジア人にはダメージはありません。ただの冬の鼻風邪です。もちろん、欧米人には堪ったものではありません。おそらく従来から判明されていたコロナウイルスの種類から推測すると、地球上でコロナウイルスは3~4年に1度ぐらい変異してその都度、新型になっていたんだと思います。みなさん、冬に数年に1回は鼻風邪をひいた経験があると思います。でも、なんていったって今回は世界中で対新型コロナウイルスに「ステロイド剤」をガンガンに使用しちゃったので、(変異する頻度も増加すると予想する方に理がある)ので次世代のみなさん、頑張ってネ!としか言えません。

⑤変異株は増えるとどうなるのか?どうしてリスクが増えることを未検証でしちゃうのか?:欧米人は何回もコロナに罹りヒドくなります。耐性は1世代ごときでは獲得できません。「理性は時に暴走する」ので、検証された事実だけにとどまれず、勝手に「推論」をしちゃうから、とりあえずワクチンを入れてまおう、になっちゃいます。

⑥世界はこれからどうなるのか?:去年から書いていたとおりになると思います。東アジアに世界の覇権は移行し、向こう80年間は中国の隆盛が地球を覆います。ヨーロッパはシステムを構築し生き残ります。要するに夏に活動し冬は避難する。アメリカは世界トップの資産を30年間で消耗し果て、豊かな農業畜産国になります。

Show More

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also
Close
Back to top button