Topics政治&経済
Trending

2回ワクチンを打って、PCR陽性にもなったヒトに、3回目のワクチンを打つ道義的責任とは

は2年前から新型コロナはコロコロコミックスで、ただの風邪と断言してきました。(日本人にはネ!!!…..欧米人は違う。)

それから、このブログに掲載されている内容は、一般メディア国家ミックスとは真逆にちかい内容でしたが、おおむね宣言予告していた通りになっていると思います。

同業者でも、遺伝子工学、ウイルス学、疫学、地政学、文化人類学、分子生物学、そして超ミクロな対象に関与するための量子力学的な素養に接することが少なければ、国家が言うのだから、お駄賃がイイんだから医者であればワクチンを誰が打っても「道義的に問題はない」……….と僕は思っていません。

僕は自分が不知なモノを他者の身体に投与することに「脅威」を覚えます。また、1990年代以降の医学論文のインチキさは、医者であればみんな察知されていると思います。例えば、僕はiPS細胞を代表とする再生医学、幹細胞研究は当初の参照論文がインチキだらけなので、そこから推論して作り出された「論文=作品」は再現不能である。とこの10年来ずっと言って来ています。そう、iPS細胞は今の今まで人類の誰ひとりの、微小な臓器の再生にすら貢献していません。いや、今後もそれは不可能です。インチキはどんなに修飾しようが自然科学の鉄拳に葬られます。

され、良心的で愛国心がありコロナワクチンを2回打ったヒトに、もれなく届く3回目接種の通知を発行する「日本国」に僕は実は文句はありません。霞が関の厚生労働省のキャリアたちは一般庶民より遥かに深淵であり聡明です。

ワクチン2回打って、副反応がそれなりに生じた、つまり免疫反応ではなくmRNAに起因する炎症反応を体内に生じた「mRNAキャリア」の方で、この間にコロナPCR陽性になった方々。この方々に3回目の無駄なワクチンを打たせる、打つ輩たち。優秀で忠実で非道など生涯無縁な匿名な正義漢たち。いざ「ワレハ禁ジラレタコトを欲スル。」???………ちゃうな、凡庸が疾走するんだな。

Show More

One Comment

  1. ずっとみなクリネットのブログを拝見させていただいております。院長先生のお気持ちやお考えがとてもよくわかります。私は素人なので偉そうなことは言えませんが、先日ー10代の若者がワクチンを2回打って、でも今回またかかり、入院できず亡くなった話をきいて。同世代の娘がいるのでとても胸が痛かったです。色々なお医者様の書いたブログを読む時がございますが、ー町医者ですがーって 情報さえこちらに来ていないのが事実です、とか。正直「コロナウイルス騒ぎ」っていったいどうなっているんだろう。と思うことがよくあります。たった一つワクチンをFORCEすることのみをこの2年間強制されているような気分だし、疑ってはいけない!と言うのはいかがなものかな。と言うのが本音だし、自分の体なのだからもっと自分で行動を考えたい。と思うのが本音です。みなくりねっとのようなブログは皆無なのかもしれませんが、パニック状態になって何も考えずに突き進むだけでいいのでしょうか?このようなブログや意見があるべきなのではないかと思う次第です。私が小さい頃、家の前に「肺病専門の病院」がありまして。みなさんすごい長い間入院するんです、もう顔見知りのように。小さかったので医学のことはわかりませんがそれがその時の治療だったのだと思います。でふらふら散歩したりみんなでゲームしたりして。そして治って退院していくみたいな感じでした。近代化した頃に病院は潰れ今は荒野になっていますがー今回のコロナ騒ぎや 入院ができないで死んでいく人を見ると、ふと、あの 肺病専門病院が懐かしく思い起こされてしまいます。なんとなくですがー。いつの間にか人間は、薬や時間や化学、だけに頼るものになってしまったんだなと言う気持ちになるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button