Topics
Trending

コロナワワクチンは打たないけれど、医学の進歩という側面から検証すると…….

ップしていある写真は、それぞれ:駕籠(かご)を従来からの理論で作られたワクチン、人力車を現在のコロナワクチン、スーパーカーを世界の科学者たちが追い求めている夢のコロナワクチンに例えています。

おわかりのように、3つの共通点は「人間を運ぶこと」。されど、それぞれの間には技術的に根源的な違いがあります。

「車輪」を人間が使いこなす歴史だけ見ても、「車軸」の素材や「タイヤ」に類する工夫に2000年は費やしています。それに人力車レベルでは坂道だと駕籠の方が速いだろうし、木製の車輪だと不意な破損も頻繁です。

それでも「円形の車輪」を使えば人間の労力を軽減させられると確信した人類の努力が、後のスーパーカーに連なっていることを、我々は既知な事実であると認識しています。

2021年現在のコロナワクチンを「ワクチン」と称するには、基礎と臨床現場に長らくい過ぎたため馴染めません。あれはまだ「mRNAという物資」であって、従来方式のワクチンに比べてもお粗末です。

されど、どれだけ人力車に乗った客が峠で振り落とされたり、車輪の破損で旅程を狂わされたかしれないけれど、製作者とお客の好奇心は駕籠の中の「倦怠感」を凌駕する。

もちろん、大衆とは遥か距離を置いた精鋭なる科学者たちは、人力車に何が足りないかも知っていると思います。スーパーカーになるため、夢のコロナワクチンに欠かせないのは、何はともあれ「動力」と「ブレーキ」です。



Show More

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also
Close
Back to top button