COVID-19Topics中級コース政治&経済

アメリカで黒人が多く死んでいるは保険医療制度の不備と、生来の遺伝子配列が乱されているから

イトルに飛びつく大衆の悪い癖ですが、堕落したジャーナリストは魂をマスコミに売ってしまっているので、自分の論旨よりマスコミに好まれる大衆向けにタイトルが改変されても文句を言いません。

アメリカの医療保険制度がメチャクチャで黒人の多くは健康保険を持っていない。という論旨のネタはその手の「専門家」さんに任せましょう。アメリカの保険医療制度の不備を一生涯のテーマとして食べているライターさん、政治家や専門家はゴマンといます。

日本人、いやアジア人にとって火急の視点は「このタイトルから勘違いする誤解を解く」です。

僕は、最近は遺伝子配列の乱れを説明するのに坂道グループをよく引用します。今回は「フォーメーション」をキーワードにしましょう。生来有していた遺伝子配列も成長とともに変化し、慣れない刺激に対しては配列=フォーメーションはは大きく乱れます。例えば黒人のルーツはアフリカ大陸にあって、タバコの原産地は南米でありアフリカ大陸には従来ありませんでした。それが、15世紀に初めて南米からスペインに入りその後、欧米に拡がります(因みに日本には17世紀からです)。

つまり、アメリカに住んでいる黒人は:

  • 貧困が故に安くて高カロリーなジャンクフードを食べて糖尿病に多くが罹患している
  • オマケに耐性の無いタバコをばかすか吸って肺を患う
  • そのうえで、健康保険を持っていないから治療も受けていないから、遺伝子配列は乱れたままで新型コロナウイルスの襲来を受けてしまった

コカコーラとか、今でも厳密な成分は未公開なのにジャンクフードのお供で、乃木坂46だっていくら山下美月にセンターが変わり、新曲フォーメーションを組んでも慣れないタンゴを踊れとされたらフォーメーションは乱れます。山下美月ちゃんが可哀そうです。

Show More

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also
Close
Back to top button